なんて言ってる?リモン、キーライム、ライムの不思議

投稿日:

内灘ナスカラインと武蔵が辻マルガリータでは、お料理やドリンク、もちろんテキーラにリモンを添えてお出ししています。

このリモンは、言ってみればライムのことです。

英語ではキーライムと言われています。

すだちぐらいの大きさで、皮が薄く、果汁が多いのが特徴です。

日本でよく売られているレモンの形をして皮の厚いライムとは違うので、最初ライムだと気づかれないこともあります。

当初はレモンをお出ししていたのですが、メキシコに行って、このリモンの魅力に気がついてからはリモンに変えました!

メキシコでは兎にも角にも食事にライム&サルサ!

ライムをかけると、食材の旨味や香りが増すんです。

しかも、塩分も強く感じるので、塩分控えめを心がけている人にはおすすめです。

メキシコでライムは酸っぱさを追い求めているんじゃないのだと知りました。

とはいっても、前述の日本でよくみるライムはあっても、リモンは手に入らなかったり、高かったりしたので、探しに探して、いい感じで取り扱っている業者さんから安定的に仕入れることができるようになりました。

なので、当店で取り扱っているライムはメキシコ産のキーライム(リモン)です!

お料理やドリンクにコロコロしたライムがたくさん登場しますので、「酸っぱいの苦手…」と思わずにどんどん使ってみてくださいね♪