ファン多し。『チリ・コン・カン』

投稿日:

『チリ・コン・カン』は、レドキドニービーンズ(日本でいう金時豆)とひき肉をスパイス(辛くないです)とトマトなどの野菜と煮込んだお料理です。

しっかり煮込むので、濃厚な味わいになり、ファンやリピーターが多いお料理となりました。

当店では、メキシカンライスと一緒にお出ししているので、お客様には、ごはんもののお料理としても知られています。

メキシコの主食は、タコスなので、締めのご飯的なお料理となると、実際は「タコス」なのですが、日本人はやっぱりコメ!ということで、「チリ・コン・カン」で締めていただく方も多いです。

チリ・コン・カンは、スペイン語でchile con carneと書き、chil=唐辛子、con=共に(英語で言うwith)、carne=肉なので、単純に訳すと「唐辛子と肉」っていう意味です。

名前の中に豆の存在がないのが残念なのですが、私的にはこのお料理の魅力のひとつは豆です!

チリ・コン・カンは、厳密にはメキシコ料理というよりも、メキシコ風のアメリカ料理(テクス・メクス料理)として発展したようです。

カレーに似ていますが、カレーとは違います!

ハヤシライスとも違います!

また新たな発見があるお料理だと思いますので、ぜひ一度お召し上がりくださーい。