にんじんケーキの思い出

メキシコ・グアダラハラに行った時のこと。

いよいよ明日は帰国という日に、広場に遊びに行きました。

メキシコは、植民地時代、スペイン領だったこともあり、まちづくりがスペインによく似ていて、広場を中心とした、街の構成になっていることが多々あります。

ホリデイだったこの日、広場には、楽器を持ち寄ってオーケストラ演奏している住民たちや、描いた絵を売っている人たち、フリーマーケット、そしてそれらを楽しみに来た人などなど、たくさんの人がそれぞれの休日を楽しんでいました。

その光景は、平和そのもので「時を楽しむ」って素晴らしいなと、深く感銘を受けました。

そんな折、晴れていたにも関わらず、突然雨雲が押し寄せ、突如雨が降ってきました。

広場に居た人も急いで、どこかへ散り散りに。

私達も近くのカフェに雨宿りのため避難。

雨が止むまでしばらく、甘いものとコーヒーでも飲んで、のんびりすることに。

そこで、お友達のルミちゃんに「これ美味しいよ!」って教えてもらったのがにんじんケーキでした。

これが、素朴でどこか懐かしい味。

なんだか子供のころを思い出すようなそんなケーキだったのです。

開放的にドアが開け離れたカフェで、雨宿りしながら、日本の忙しく、流れの早い時間とは正反対の世界にのんびり浸っていました。

しばらくすると、雨は止み、再び青空が広がっていました。

なんとなく「幸せだなあ」と思える一日でした。

そんな思い出がある、にんじんケーキ。

日本に帰ってきてから、オーナーが研究して、あの時の味を再現!!

そして、にんじんケーキがデザートメニューに加えられたのでした。

思い出のにんじんケーキ。

ちょっと懐かしい気分になれます。

是非食べてみてね。