日本人にも食べやすい『セビーチェ』

メキシコのグアダラハラへ行った時のこと。

エビの料理は多かったけれども、お肉料理がメインで、魚料理を食べる機会があまりなかった。

そこで、お友達がシーフードレストランに連れて行ってくれました!

そのレストランで食べた「セビーチェ」がうまし!!

セビーチェとは、お刺身で食べられるお魚を小さめにカットし、玉ねぎやトマトなどの野菜と合わせ、シアントロ(パクチ)レモンやライムでマリネしたお料理。

お刺身を食べる日本人が好きなお料理だと思います。

こちらがあまりにも美味しかったので、帰って来てからは家で食べるお刺身はもっぱらセビーチェ風にして食べています。

作り方はとっても簡単!

ライムやレモン汁に塩、こしょうなどを入れ、お刺身と合えるだけ。

みじん切り玉ねぎや、トマト、レタスなどをあえても美味しいです。

オリーブオイル、ライムまたはレモン、塩にすこーしだけ醤油を落としたつけダレを作って、そこにお刺身を浸して食べてもセビーチェ風が味わえますよ。

今のところ、セビーチェが登場するのは、秋メニューの「サーモンとイクラのセビーチェ風サラダ」だけなのですが、当店には、お刺身系のお料理がひとつだけあります。

それは、「ネギトロとワカモレのタルタル」!!

人気あります♪

ネギトロとワカモレ(アボカドディップ)を2層にし、わさび醤油でお召し上がりいただきます。

お刺身大好き日本人には、とっても食べやすいですよ。