思い出のアラチェラ(牛ハラミのビーフステーキ)

メキシコに行った時のこと。

長時間のフライトを終えて、グアダラハラの空港に夜到着し、ホテルに直行。

時間は21時ごろで、ホテルのレストランもおしまいに近い時間に。

駆け込み入店して、メニューをひらくも、チンプンカンプン。 🙄

メキシコの公用語はスペイン語。

その頃、スペイン語は全く知らなかったので、なんにも読めませんでした。

英語が通じるのは空港とホテル(実際はホテルもあまり通じない)ぐらい。

日本人と同じように、ほとんどの人は英語を話すことができません。

だけど、幸いにして、ダンディーなサービスの方が英語が話せた!

すかさず「オススメはなんですか?」と聞くと、即進められたのが「アラチェラ」でした。

アラチェラはメキシコのビーフステーキ。

お腹ペコペコの私たちは、初めて飲むメキシコビールを楽しみながら、アラチェラを待っていました。

すると、来たのはどでかいステーキ!!

さっそくかぶりつくと、柔らかい!美味しい!

「めっちゃおいしい」とダンディーなサービスの方に言うと、「でしょ?」という反応。

なんで、こんなにお肉が柔らかいんだろうねー?と感動しながら完食。

このアラチェラは、グアダラハラで一番最初にできた思い出でした。

日本に帰って、いろいろ調べてみると、アラチェラのお肉が柔らかいのは、特製のタレに漬け込んでいるからということが判明。

そこで早速、マルガリータ、ナスカライン共にメニュー化!!

今では、人気メニューです。

先日の記事でもご紹介しましたが、ナスカラインでは、この牛ハラミステーキのプレミアムランチができました。

ナスカライン・ランチに新メニュー「プレミアムランチセット」登場!【限定10食】

私達の思い出のステーキ、是非楽しんでくださいね。