メキシコ人歌手のジョセリンからもらったメキシコドレスと『マルガリータ』の名前の由来

投稿日:

武蔵町マルガリータ店には、壁に艶やかなドレスが飾られています。

このドレスはメキシコ人歌手のジョセリンからプレゼントでもらったドレス!

とっても大切にしています。

ジョセリンとジョセリンのお父さんエドさんとの出会いは

ジョセリンが歌手でエドさんはギター奏者。

当時、加賀屋さんで歌のショーに出演していました。

内灘町にメキシコ料理があると聞きつけて来てくれたのでした。

それから、ジョセリンとエドさんと仲良くさせてもらって、メキシコに行ったときもジョセリンに会いに行きました。

武蔵ヶ辻にマルガリータをオープンするときに「店名、なにがいいかな?」と相談したところ、提案してもらったのが、そう!「マルガリータ」だったのです。

マルガリータは、日本で言うお花の「マーガレット」の意味。

カクテルの「マルガリータ」も有名ですね。

スペイン語圏の人がみんな知っている女性の名前で、カクテルでも有名だからマルガリータがいいんじゃない?って2人が教えてくれたので、マルガリータというお名前になったのでした。

遠い異国の地メキシコ。

日本からは地球のほぼ真反対。

その国から来たジョセリンとエドさんとたまたま出会い、交流を持ち、お店の名前の相談にも乗ってもらったのでした。

ご縁って本当に不思議です。

ご縁に感謝ですね。

マルガリータに飾られている美しいドレスは、そんなジョセリンとエドさんとの思い出の結晶です。

凝った刺繍のメキシカンな色合いのドレス。

是非見てみてくださいね♪