ザ・メキシコなお料理『エンチラーダス』

投稿日:

メキシコ料理のメニューは名前から想像できないお料理ばかりのようで「どれを頼んだらいいかわからなーい。」と言われることが多いです。

タコスも聞いたことあるけど、食べたことなーい。という方も多いですね。

ですので、お店のメニューを見て、まったくチンプンカンプンってなっても、ご安心ください。

スタッフが説明させていただきます!

タコスは聞いたことがあっても、ケサディーヤ、ナチョス、トトポス、エンチラーダス、モーレソース、チリ・コン・カン、サルサ、ワカモレなど、???となりそうな名前が沢山あると思います。

中でも『エンチラーダス』は、聞いたことが無い方がほとんどのお料理です。

エンチラーダスは、タコスの生地(トルティーヤ)に具材を詰め、ソースをかけて食べるお料理全般のことを言います。

具材は、メキシコでは、肉、チーズ、豆、ジャガイモ、野菜、魚介など様々ですが、マルガリータ、ナスカラインでは、日本人の方にも召し上がっていただきやすい鶏肉を使っています!

エンチラーダス・ロハはちょっとだけピリッと辛いトマトソースをかけています。

エンチラーダス・モーレは、カカオ(チョコレート)から作る濃厚なソースをかけています。

南米、北米では、ポピュラーなお料理なので、海外からご旅行で来られる方からよくご注文いただきます。^^

ペラっとしたタコスの生地(トルティーヤ)にチキンを挟んでソースがかかっているので、おそらく日本の方にとっては食べにくいと思います。

食べやすい食べ方は、フォークとナイフで半月状のトルティーヤを4等分ほどします。

そしてトルティーヤで鶏肉を包んだ状態で、箸でパクっと召し上がっていただくのが食べやすいかと思います。

もちろん、トルティーヤと鶏肉をバラバラに召し上がっていただいてもOK。

お行儀のいい日本の方は「食べにくいなー」と感じるかもしれませんが、食べ方は自由です!

美味しく、楽しく召し上がってくださいねー。