スノーグラスの魅力

時折お客様に「これなに?」と驚かれるのがコップのフチに塩がついたスノーグラスです。

メキシコは塩とライムでお酒を飲む習慣があるので、スノーグラスでお出しするドリンクがたくさんあります。

マルガリータ、フローズンマルガリータ、メキシコ瓶ビールのテカテ、コロナミチェラーダ、コロナサングリータなどがそうですね。

一般的なカクテルだと、ソルティードック(ウォッカ+グレープフルーツジュース)のグラスもスノーグラスです。

塩が多すぎると塩分摂り過ぎになってしまいますが、ほんの少しの塩が、ドリンクをさらに美味しく演出してくれます。

塩も普通の塩ではありません。

「マルガリータソルト」というカクテル専用の塩を使っています。

塩辛さは控え目ですが、旨味と甘味があるお塩です。

当店ではさらに、このマルガリータソルトにライムのチリパウダーを混ぜているのがこだわりです。

この、スノーグラス、作り方は簡単!

①グラスのふちにレモンをぬります。(グラスにレモン汁が入らないように)

②グラスを反対にして、マルガリータソルトをつけます。

③グラスの底をたたいて余分な塩を落として、出来上がり!

ね?簡単でしょ?

塩の付け過ぎはくれぐれも禁物です。

逆にお酒の味が大きく変わってしまいます><

お家でもすぐに試せるので、ぜひトライしてみてくださいね♪

個人的には、スノーグラスの良さが一番分かるのは、コロナミチェラーダじゃないかなと思っています。

コロナミチェラーダは、スノーにしたグラスの中に、1/2個分のレモン果汁を注ぎ、コロナをお好みの量注いでいただくドリンクです。

レモンの爽やかな酸味と香り、そこにちょびっとソルトが聞いてグビグビとコロナが進みます。

お試しあれー。